忍者ブログ

忍者ブログ

神戸市中央区にて「古流空手、古流柔術」を指導をしている【律芯館】のブログです。 「歴史ある武術を稽古することで得られる心身の洞察力によって、 生き方を深め、自分だけでなく大切な人や周りの人も守れる強さを身に付けること。もし暗い闇の中で何かに怯え苦しむ人がいれば、武術がそこに光を灯せる存在になればという信念に基づいて稽古.指導を行っています」

【律芯館武術コラム.vo20 門下生の方々へ近況報告。】




神戸市中央区にて何年も継続してきた共同武術研究サークル「深夜の稽古会」という野外稽古会から発展した神戸武術研究所【律芯館】ですが、設立当初は5名だったのが現在では本部、支部合わせ23名の団体になりました。

 
それも、ほとんどが一般部のメンバーで、現在主に30代から50代にかけて門下生が集まって稽古をしています。


HPを作った程度で宣伝らしい宣伝もせず、メンバーが増えたのは、体験稽古に来られた方の入門される割合が8割近いという数字があるからなのですが、 これは、僕個人の力ではとても無理な数字で、メンバー全員で道場の良い雰囲気を作れているという結果だと思っています。


ところで道場を設立した時、~道場という名称にはせず、研究所という風に名付けました。

これは、入門された方が、生涯を通じて学びうる価値があるような内容と場を提供すること。


それには、入門当初から全てのメンバーが単に何かを覚えに来るだけではなく、己の心と体を対象に自分自身で研究者として武術、運動、それに伴う心と体の関係性などを研究していくという風に進んでいってほしいという願いがあったのでそのようにしました。


ただ単に空手や柔術を習ってます。というだけではなく、武術を通じて、森羅万象、自然法則、時空間の仕組みを自分の心と体で解いていくこと。理解し納得していくこと。

そういうスケールで、試行錯誤、実験を繰り返している研究所で、学び、かつ自分も研究者としてそこにいるという風な武術研究所を設立当初から目指していました。


実はこれは、正直、全く理解されない可能性がありました。

道場設立間もない頃、入門された方ですぐ止められた方がいました。

また体験に来られた方が、ぐったりされて帰られもう連絡も取れないということも続きました。

(体力的にはそこまでキツイことはしていません。体操程度ですが内容が繊細で高度な技術の為に集中力は必要になります)


明らかにモチベーションが違うというのが原因でした。



それで何度か、一般道場生は、習い事教室という形で分けて、楽しく、長所を伸ばし、難しいことはせず、とそういう風にしたらいいのではないのか?

または、普通の道場のように、毎回決まった稽古を、基本→移動、ミット打ち、組手とパターン化してやっていく方がいいのではとも思いました。

ですが、そうしようと思っても、自分が歩んできた武術の稽古の質が、それをさせてくれませんでした。


ただしゃがんで、立つだけ。

腕を上げて、下ろすだけ、


武術の稽古に入る前の体操ですら、初心者の段階から、緻密な技術として稽古、指導するというスタイルは変えようがありませんでした。



常に1ミリ一度、コンマ1秒の誤差すら許されない世界で、綱渡りのような稽古をしてきた自分には、自分が武術を教えるとしたら、それ以外はない、妥協したら嘘になってしまう、それは出来ないということが良く分かりました。




それで、このやり方で門下生が増えないなら、それはそれで仕方ないと思いながら自身の稽古、指導員への指導などを主に続けていきました。





そんな中、武術に対して強いモチベーションを持って入門されたMさん。

また、最初はストレス解消の運動という感じで来ただろうにも関わらず、一回目の稽古で、ここが、どういう次元で稽古しようとしてるのかを瞬時に理解し、今でもそれについてきているSKさんの二人が入門されたことで、かなり勇気が湧きました。


日本最高峰の武術研究所を作ろう、、、


指導員である二人と共にそのように気持ちを新たにしました。


それ以降、時折訪れる体験入門の方が、どんどん入門されていったように思います。



僕が、こういう場を求めたことによって、うちで稽古する方々は楽しいことばかりではないだろうなと思います。



出来ることより、出来ないことの方が圧倒的に多く、最初のほんの基本ですら、頭も心も体もフルに使い、かつ時間もかけなければ越えれないような難問ばかりだからです。



それでも、熱い雰囲気で稽古場を維持出来ていること。

皆がそれぞれやりがいを感じて稽古していけてるのは凄いことだと感じています。


律芯館に入門される方々の理由は人それぞれです。

運動不足を解消したい、身体を強くしたいという方から、本格的に武術を学びたい、達人を目指したいという方々がいます。

その誰もがその人それぞれの目標に対して真剣に稽古し成果を出していける場でありたいそのように考えて日々指導しています


願わくば、この体術修行が、全員にとって重要な意味のある日々となるように。

僕が出会った、魔法と呼んで差し支えのない次元まで全員を連れていけるように。

と願っています




★☆
(追伸)


(1)先月から稽古に来られてる中国拳法の先生をされてる小田さんが、律芯館のことをblogに書いて下さっていました。

小田さん自身も武術修業に関して相当なキャリアがある方ですが、当道場でも非常に謙虚で研究熱心に稽古されています

http://himejiodadojo.blog.fc2.com/blog-entry-235.html

(2)律芯館香川支部。が紹介されてました 。 http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/241713/203918/85505615
一般部の稽古場が決まり現在5名の方が稽古されています(少年部は4名) 

拍手[7回]

PR