神戸 空手 道場 教室 律芯館 柔術 古武術 合気 身体操作法 極意 沖縄古武術 棒術 護身術 運動科学 型 秘伝 システマ 中国拳法 日本拳法 古流柔術 格闘技 JAPAN  KARATE KOBE 忍者 隠れ里 忍者ブログ

忍者ブログ

神戸市中央区にて「古流空手、古流柔術」を指導をしている【律芯館】のブログです。 「歴史ある武術を稽古することで得られる心身の洞察力によって、 生き方を深め、自分だけでなく大切な人や周りの人も守れる強さを身に付けること。もし暗い闇の中で何かに怯え苦しむ人がいれば、武術がそこに光を灯せる存在になればという信念に基づいて稽古.指導を行っています」

「律芯館武術コラム(23) 【空手から学んだこと、「コミュニケーションって難しい、されどそれを乗り越えてこその口伝」】」

神戸武術研究所、門下生 研究生向けのブログです
(以下、去年にも増して顔文字が出てきますが、うちのホームページを見た人から、「おっ、重い。」(^-^;
「何か字が多い」(ノ`△´)ノ「目がいたい」(。>д<)という意見もあったので、よりポップな方向へ読みやすく。かつ内容は変えないでと工夫してくと、こんな感じになってきましたので、悪しからずあせあせ(飛び散る汗)
 

 



「律芯館武術コラム(24)

【空手から学んだこと、
「コミュニケーションって難しい、されどそれを乗り越えてこその口伝」】」




「新年明けましておめでとうございます」(o^―^o)

年末まで、鬼忙しかった植木屋さんの仕事も新年を迎えまた剪定シーズンに入るまで落ち着くので、時間のある間にまた武術コラムを書いて行くことにしました。



(*´・ω・`)b

何かテーマがないと書きにくいので、自分が空手(柔術 古武術など)から学んだことを書いていくことにしました。

(ノ`△´)ノ


それでタイトルを「コミュニケーションって難しい~、、」にしたのは、僕が最後についた武術の先生が、とても言葉のやり取りに厳しい人だったからです。


当時、僕は失言が多くて毎回指摘されていたので、

ある日の稽古の帰り道「言葉一つ間違えば首が飛ぶ。そんなことお前は考えたこともないだろう。」と、言われたことがありました。(-_-;)


昔から、いい加減で、しっかり出来ない自分。先生からしたら見てられなかったのだと思います。

そんな心で、「言葉一つで首が飛ぶ、家族が危険にさらされる」というような世界で生き受け継がれてきた侍文化を理解出来る分けがないのですが、そんな風に僕自身が思えるようになるまでかなり時間がかかりました。

★☆

ところで去年何の番組か忘れたのですが、ミュージカルなどで活躍されてる方が、素人の人に歌が上手くなる方法を聞かれた時に、「音程を外したら死ぬと思えばいい」と答えるみたいな話をしていて、この人プロだな、、と思いました。(*`・ω・)ゞ

こういう一見精神論のように思われてしまうことの方が余程技術論、上達論であることが空手を続けてきてとても良く分かるようになりました。


どんな良い先生についても、こころが変わっていかなければ何十年稽古しても本質的な進歩はないように思います。逆に真剣に命をかけて求めれば、どんな物事でも良師になるとも思います。

真剣さが本当に備わることが、どんなジャンルにいても化ける為のキーワードだと今は思っています。

★☆

(少し技術的な話、、(*`・ω・)ゞ以下長くなります。門下生はしっかりヨンデネ!!)



例えば人間には想像力があるので、武術として空手を身に着けようとした時、中段横受一つ基本稽古するにしても「どんな中段突きが来ても必ず受ける、受けれないと死ぬ。その後自分の身近な人全員殺される」という世界に入り込んで稽古するのと、単に体の使い方を考えながら稽古するのでは天と地ほど差が出てくるものです。

(゜ロ゜)



本気でその世界に入り込んで稽古すれば、一本受ける度に、その集中力が様々なことに気づかせてくれるようになります。


またそういった稽古の中で、どんな中段突きでも、、のどんなの部分を「太い丸太のような腕をした相手の突き」とか「瞬きする間もない速さの突き」「フェイントの可能性のある突き」「メリケンサックをしてる相手の突き」「受けで崩せなければ追撃の可能性のある突き」など、具体的にして基本稽古します。



そしてそれらの突きを「受けれないと死ぬ。その後自分の身近な人全員殺される」という設定で稽古し続ければ、体の使い方はそれに対して答えを出すように変わってくる時が必ず来ます。

またそのうち、そのように稽古するのが当たり前になって、意識しなくてもそういう技になってきます。



逆に体の使い方を考えてどれだけ上手に使えるようになったと本人が思っていても、実際暴漢に襲われたら動けないと思います。そういう世界で稽古していなければ、対処する為のイメージさえ浮かばないからです。



良く稽古の時に10本の突きを一回というような稽古をしてはならないと言われました。


空手の突きの基本稽古を正しく行うためには、10本の突きを一回ではなく、一本の突きを10回です。100本稽古するなら、100本突くのではなく、一本の突きを100回稽古しなくては、ただの運動になってしまいます。



稽古で重要なのは、自分が稽古中どういう精神状態でいるか毎時チェックすることで、只の時間潰しになっていないか?ボーっとしてきてないか?自分の心身を観察出来るような状態にあるか?そもそも命を守る術という空手の世界で稽古出来ているか?



などをチェックして、また毎時チェックすることを忘れてないかもチェックして、ダメだったら、まず精神状態を作ってから稽古する。


このように稽古すると空手が化けてくるのですが、僕は先生との言葉のやり取りなどから、そのように稽古を修正していくことが出来ました。あらゆるやり取りの全てが自分にとって極意であり口伝だったのだと今は思います



先生の言葉は今でも、その力量に自分はいないので正しく理解出来ているとは思いません。ただそこから得た真剣さやこころの変化は、とても大きな力になりました。



現在は月に数回武術を指導する立場にもなっていますが、自身の稽古を進め続けて行くことを2017年も心に決めて精進していきます。




律芯館本部 及び四国の門下生の皆さん今年も共に稽古に励みましょう。




神戸武術研究所「律芯館」 
甲賀の黒猫。

★☆

(最近の稽古動画)

https://youtu.be/mKIOQ-sJqEU

https://youtu.be/cQ1pnKXLMog



取 甲賀の黒猫
受 蹴りのショーザン

(短棒術)

https://youtu.be/eknmJkmOGUA

取 甲賀の黒猫
受 上野ヒグ丸








拍手[1回]

PR